雲母片岩(読み)うんもへんがん

精選版 日本国語大辞典「雲母片岩」の解説

うんも‐へんがん【雲母片岩】

〘名〙 雲母、石英長石を主成分とする結晶片岩。ほかに石墨、ざくろ石などを含む。粘板岩質の岩石が変成作用をうけて生成したもので、雲母片が一定方向に配列しているため、はがれやすい。〔日本風景論(1894)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「雲母片岩」の解説

雲母片岩
うんもへんがん
mica schist

雲母類鉱物を含む結晶片岩。泥質岩起源で,雲母としては黒雲母や白雲母を含有する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android