コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭球 たんきゅう coal ball, coal apple

1件 の用語解説(炭球の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

炭球

石炭中の球顆状またはレンズ状の鉱物化した団塊(concretion)で,植物の残りを含んでいる.おそらく炭酸塩,黄鉄鉱あるいは珪酸などになっているであろう[Binney : 1841, CNRS : 1963].coal apple[Smith : 1900]も同義.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の炭球の言及

【ケイ化木(珪化木)】より

…ヨーロッパやアメリカでは,石炭紀の炭層にともなってケイ化木片を産する。これを炭球(コールボールcoal ball)といい,デボン紀のはじめに出現した陸上植物の移り変りのようすがよく保存されているため,初期の陸上植物の進化のようすを知る資料となっている。【木村 達明】。…

※「炭球」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

炭球の関連キーワード片理スケアレンズ状構造レンズ状組織眼球片岩レンズ状輝緑岩球顆結晶球顆状組織スフェライト微球顆状

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone