コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

点眼 テンガン

デジタル大辞泉の解説

てん‐がん【点眼】

[名](スル)目に薬液をたらすこと。「朝晩二回点眼する」「点眼薬」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんがん【点眼】

( 名 ) スル
目薬を目にさすこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の点眼の言及

【肖像】より

…このような外見上の写実と内面への迫真を〈伝神写貌(でんしんしやぼう)〉と称し,肖像の価値判断の基本概念を成立させたのである。顧愷之は〈伝神とは精神を伝えることであり,写貌はそのための手段である〉とし〈眼は心の窓〉として,真なるものを表現するためには〈点眼(てんがん)〉(瞳を描き入れること)を肖像画制作第一の課題とした。 精神的なものの理想的な表現形式は正面性である。…

※「点眼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

点眼の関連キーワード慢性閉塞隅角緑内障、慢性開放隅角緑内障の治療ヒドロキシプロピルメチルセルロースコンドロイチン硫酸ナトリウムアズレンスルホン酸ナトリウムクロモグリク酸ナトリウムメチル硫酸ネオスチグミン塩酸テトラヒドロゾリンパントテン酸カルシウムパルミチン酸レチノールケトチフェンフマル酸塩ヒアルロン酸ナトリウムεアイペット ヤマイチ差し薬・差薬・注し薬ポリビニルアルコールスルフィソキサゾールナファゾリン塩酸塩酢酸プレドニゾロン硝酸ナファゾリン角膜フリクテン

点眼の関連情報