コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

点苔法 てんたいほうdiǎn tāi fǎ

世界大百科事典 第2版の解説

てんたいほう【点苔法 diǎn tāi fǎ】

中国絵画における技法。山石や土坡や樹幹に施される墨点(色を加える場合もある)で,見方によって蘚苔,草,樹木となるが,むしろ画面に律動感を与えるために用いられる。点は水墨技法の一つで,《林泉高致》では筆墨の間を斡淡,皴擦(しゆんさつ),渲,刷,捽(そつ),擢,点,画に分ける。江南山水を描いた董源(とうげん)あたりから多用され,もと写実的であったが,点苔と呼ばれるものは形式化した墨点で,その呼称は明末に呉派文人画が盛行したころから用いられ,唐志契の《絵事微言》などに詳説されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android