そつ(読み)ソツ

大辞林 第三版の解説

そつ

手落ち。手ぬかり。 「 -なくこなす」
無駄。 「あくびも-にせまいとて口開きついでに念仏/浄瑠璃・薩摩歌」
[句項目] そつがない

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そつ

〘名〙
① (形動) 物事をするのに必要な点を忘れたりして満足にできないさま。ておち。てぬかり。
※言継卿記‐大永八年(1528)正月一九日至二一日紙背(女房消息)「くちがかうそつなる人にて候」
※談義本・教訓雑長持(1752)四「親仁様のいわしゃる所に、少もそつは御座らぬ」
② むだ。無用の費用。
※咄本・醒睡笑(1628)二「杵(きね)の上げ下げそつになるまい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

そつの関連情報