焔焔に滅せずんば炎炎を如何せん(読み)エンエンニメッセズンバエンエンヲイカンセン

デジタル大辞泉の解説

焔焔(えんえん)に滅(めっ)せずんば炎炎(えんえん)を如何(いかん)せん

《「孔子家語」観周から》火は燃えはじめた段階で消さなければ猛火となり、手がつけられなくなる。災いは小さいうちに除去するのがよいという戒め

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android