コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孔子家語 こうしけごKong-zi jia-yu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孔子家語
こうしけご
Kong-zi jia-yu

孔子の言行門人との問答論議を集めた書。 10巻。鄭玄と対立した魏の王粛偽作といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうしけご【孔子家語】

孔子の言行や、孔子と門人との問答などを集録した書。10巻。原本は27巻あったらしいが、散逸現存のものは魏の王粛の偽作とされる。日本にも平安時代から伝わる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうしけご【孔子家語】

孔子の言行とその弟子たちとの問答を収録した書。三国時代、魏の王粛おうしゆく編。一〇巻四四編。成立年代未詳。「論語」とは内容が違う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

孔子家語
こうしけご

孔子の言行、逸話を集録した書。略して『家語』ともいう。『漢書(かんじょ)』芸文志(げいもんし)の六芸(りくげい)略論語類には、撰者(せんじゃ)不明の『孔子家語』27巻が記載されている。原書はつとに亡失したようで、10巻44編からなる現行本は、三国魏(ぎ)の王粛(おうしゅく)の偽作。王粛の偽作の意図は、もっぱら後漢(ごかん)の鄭玄(じょうげん)の学説を反駁(はんばく)するための根拠の造作にある。このことは、すでに唐・宋(そう)以来、学者の知るところであるが、この書は、古事や遺説を多く収めているという点から、案外広く読まれてきた。現行本の文章の大半は、『左伝』『国語』『孟子(もうし)』『荀子(じゅんし)』『大戴礼記(だいたいれいき)』『礼記(らいき)』などの古籍に重見する。したがって、この書は古籍の文辞の校訂の一資料に供しうる。[伊東倫厚]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

孔子家語の関連キーワード人に事うるを知る者にして然る後に以て人を使うべし舟は水に非ざれば行かず水舟に入れば則ち没す焔焔に滅せずんば炎炎を如何せん燄燄に滅せずんば炎炎を若何せん涓涓壅がざれば終に江河となる涓涓塞がざれば終に江河となる人至って賢ければ友なし薫蕕器を同じゅうせず鮑魚の肆に入るが如し水清ければ魚棲まず習慣は自然の如し清水に魚棲まず良薬は口に苦し良薬口に苦し四鳥の別れ洙泗考信録閑室元佶千葉芸閣喪家の狗芝蘭の化

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android