コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猛火 ミョウカ

デジタル大辞泉の解説

みょう‐か〔ミヤウクワ〕【猛火】

激しく燃え上がる。もうか。
「―はまさしう押しかけたり」〈平家・五〉

もう‐か〔マウクワ〕【猛火】

激しく燃える火。すさまじい火炎。みょうか。「猛火に包まれる」「地獄の猛火

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みょうか【猛火】

〔「みょう」は呉音〕
はげしく燃える火。もうか。 「上は-燃えかかりければ/平治

もうか【猛火】

激しい勢いで燃える火。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

猛火の関連キーワード焔焔に滅せずんば炎炎を如何せん燄燄に滅せずんば炎炎を若何せん白痴(坂口安吾の小説)シャフリ・ソフタ遺跡焼き尽くす・焼き尽すシャフレ・ソフテ胸に鑢を掛ける経済学方法論アイネイアスウルカヌス宝登山神社阿漕(能)目の当たり燃え出づ焦熱地獄叫喚地獄目連記火車潜る焼打

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

猛火の関連情報