無になす(読み)なきになす

精選版 日本国語大辞典の解説

なき【無】 に なす

ないものとする。の中に入れない。無視する。
※源氏(1001‐14頃)賢木「わが身をなきになしても春宮の御世を平らかにおはしまさばと」

む【無】 に=なす[=する]

むだにする。だいなしにする。
御伽草子・姫百合(室町時代短篇集所収)(室町末)「その志を無になし候ふ事、かへすがへす心の外なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android