無カタラーゼ症(読み)むカタラーゼしょう(英語表記)acatalasia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無カタラーゼ症
むカタラーゼしょう
acatalasia

無カタラーゼ血症ともいう。生理的に体細胞に存在するカタラーゼ (過酸化水素を分解する酵素) が先天的に欠損している疾患で,10歳未満の小児に現れ,口腔に進行性の壊疽性潰瘍を伴うことが多い。ほとんどが濃い血族結婚の家系に出ている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android