コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家系 かけい

5件 の用語解説(家系の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家系
かけい

家の系譜のこと。家が超世代的に存在することが前提とされる社会の場合,家の社会的維持のため,その系譜が重要視された。家は家長により統括され,そこでは家名や家産,家の祭祀を含む家行事が継承される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いえ‐けい【家系】

横浜市周辺に多くみられるラーメン店の味付け。また、そのラーメン。多く、豚骨スープと醤油だれを合わせた濃厚な味わいのものを指す。「~家(や)」という名の店が多いところからいう。

か‐けい【家系】

その家の系統。いえすじ。血統。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かけい【家系】

その家の系統。血統。血筋。 「 -図」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

家系
かけい

(いえ)の系譜。家が創設されると、初代家長夫婦は後継者たるべき者を跡取りと決め、これに配偶者を入れ、その家が何世代にもわたって継承され、当初の成員は新陳代謝し去っても、同じ家が、できる限り永続することを願った。
 跡取りとされなかった子は、他家へ婚出するか養取されるかして、生家の家系から他の家の家系へ所属がえするか、もしくは、生家を本家とし、その本家に従属し依存する分家を創設してもらうかした。跡取りでない息子に嫁をとって分家させるだけでなく、娘に婿をとって分家させることもあり、長年奉公した住込み奉公人に嫁をとって分家させることもあった。ある本家から分岐する形で創設されたこれらの分家も、本家と同様に世代を超えて継承された。このような分家の家系は、先祖である分家初代にまでさかのぼってさらにその先の先祖をたどろうとするとき、本家の家系からの分かれとして社会的に位置づけられた。[中野 卓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

家系の関連情報