コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無支保採掘法 むしほさいくつほうopen stoping

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無支保採掘法
むしほさいくつほう
open stoping

主として金属鉱山で用いられている坑内採掘法の一種。採掘期間中天盤または上盤,下盤を人工的に支持しない採掘法。これはさらにいくつかの採掘法に細別されるが,そのおもなものは次のとおりである。 (1) 無支保上向き階段法,(2) 無支保下向き階段法,(3) 中段採掘法,(4) 残柱式採掘法,(5) 坑内グローリー=ホール法。またシュリンケージ採掘法を無支保採掘法に含める分類法もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android