コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中段採掘法 ちゅうだんさいくつほうsublevel stopping

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中段採掘法
ちゅうだんさいくつほう
sublevel stopping

鉱画内に設けた中段坑道に垂直な面を主自由面とする切羽をつくり,中段坑道あるいはその地並を切り広げた個所から削孔して採掘を行なう無支柱,無充填の採掘法。別に鉱画を囲む左右の鉱柱内に適宜の間隔で中段削孔室を設け,水平方向の自由面に水平削孔して採掘する方法などの変形もある。鉱石,母岩ともに堅固で品位が均等な塊状鉱床,厚さの厚い急傾斜の鉱脈層状鉱床など大規模な鉱体の採掘に適する。日本では岐阜県の神岡鉱山,岩手県の釜石鉱山などの大鉱山,坑内掘りを行なっていた一部の石灰石鉱山などで用いられていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

中段採掘法の関連キーワード無支保採掘法長孔発破鉱石漏斗細倉鉱山

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android