コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無立木地(むりゅうぼくち)

1件 の用語解説(無立木地(むりゅうぼくち)の意味・用語解説を検索)

林業関連用語の解説

無立木地(むりゅうぼくち)

樹冠の投影面積が30%未満の土地をいい、「伐採跡地」と「未立木地」に区分される。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無立木地(むりゅうぼくち)の関連キーワード投影法貫高建築面積建坪地積自給的農家立木地(りゅうぼくち)樹林地セールエリア投影面積

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone