コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

投影面積 とうえいめんせき

パラグライダー用語辞典の解説

投影面積

キャノピーを真上から平衡な光で照らした場合に出来る影の面積である。projected areaとも言う。 キャノピー(翼)の大きさを表すには面積(㎡)を使うが、その面積の表示には投影面積と実測面積とがある。パラグライダーは、メーカーや機体のコンセプトにより多少の違いが有るものの、全てのキャノピーはアーチ型になっているため、投影面積と実測面積の数値は異なる。安全性はともかく、キャノピーが揚力を発生させる、つまり翼としての能力は投影面積に比例する。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

投影面積の関連キーワードトヨタスポーツ800 UP15無立木地(むりゅうぼくち)循環定理(ビヤクネス)立木地(りゅうぼくち)ビヤクネスの循環定理ダイハツシャレードプロジェクトエリアフラットターンオイルリフトマイヤー硬さセールエリア建築面積粒度分布建築密度床面積樹林地尾翼建坪敷地

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android