投影面積(読み)とうえいめんせき

パラグライダー用語辞典の解説

投影面積

キャノピーを真上から平衡な光で照らした場合に出来る面積である。projected areaとも言う。 キャノピー)の大きさを表すには面積(㎡)を使うが、その面積の表示には投影面積と実測面積とがある。パラグライダーは、メーカーや機体のコンセプトにより多少の違いが有るものの、全てのキャノピーはアーチ型になっているため、投影面積と実測面積の数値は異なる。安全性はともかく、キャノピーが揚力を発生させる、つまり翼としての能力は投影面積に比例する。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android