コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焦がし コガシ

デジタル大辞泉の解説

こがし【焦がし】

米や大などをいってにひいたもの。香煎(こうせん)。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

こがし【焦がし】

米や麦をいり、ひいて粉にしたもの。湯に溶かして飲んだり、砂糖を混ぜて粉のまま、または湯で練って食べたり、落雁(らくがん)などの菓子にしたりする。◇「香煎(こうせん)」ともいう。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こがし【焦がし】

米・麦などを炒って、粉にひいたもの。湯にとかして飲んだり、砂糖を加えて練って食べたりする。香煎こうせん。 「麦-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

焦がしの関連キーワードバーボン(バーボンウイスキー)エール/バイツェン/スタウト焦がしバターケーキバーボンウィスキー名前募集バーガークレームブリュレソフトエクレアビールにビーノ焼き筆・焼筆焼き杉・焼杉沼田うきもく焼き飯・焼飯フィナンシエシブースト紙燭・脂燭ピルビン酸白篦・白箆焦頭爛額黒ビール濃色麦芽

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焦がしの関連情報