コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焦がし コガシ

デジタル大辞泉の解説

こがし【焦がし】

米や大などをいってにひいたもの。香煎(こうせん)。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

こがし【焦がし】

米や麦をいり、ひいて粉にしたもの。湯に溶かして飲んだり、砂糖を混ぜて粉のまま、または湯で練って食べたり、落雁(らくがん)などの菓子にしたりする。◇「香煎(こうせん)」ともいう。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

こがし【焦がし】

米・麦などを炒って、粉にひいたもの。湯にとかして飲んだり、砂糖を加えて練って食べたりする。香煎こうせん。 「麦-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

焦がしの関連キーワードバーボン(バーボンウイスキー)エール/バイツェン/スタウトバーボンウィスキー焦がしバターケーキ名前募集バーガークレームブリュレビールにビーノソフトエクレア焼き筆・焼筆焼き杉・焼杉フィナンシエ沼田うきもく焼き飯・焼飯ピルビン酸紙燭・脂燭シブースト白篦・白箆焼け焦し喜作最中濃色麦芽

焦がしの関連情報