コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香煎 コウセン

8件 の用語解説(香煎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こう‐せん〔カウ‐〕【香煎】

麦焦がしの別名。
焦がしに紫蘇(しそ)山椒(さんしょう)の実、陳皮(ちんぴ)などの粉末を加えたもの。湯を注いで飲む。
茶会の待合や祝儀の席でお茶代わりにする、紫蘇や山椒の実、陳皮の粉末、もち米で作る小さいあられなどのこと。単独または混ぜて、湯を注いで出す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

香煎【こうせん】

大麦,米などを炒(い)って粉にしたもの(大麦のものを麦焦し(むぎこがし)とも)。橘皮(きっぴ),シソ等を加え湯に浮かせて香味を賞するなど古くから愛用された。また塩味,砂糖などを加え粉のまま,また湯で練ったりして食する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

香煎

 麦こがしともいう.オオムギを焙煎して粉末にしたもの.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

こうせん【香煎】

①焦がし。特に麦焦がし。[類語]はったい⇒焦がし麦焦がし
②「①」に陳皮(ちんぴ)やういきょうなどの香料を加えたもの。湯を注いで飲む。
③しそ・陳皮・さんしょうなど香りのある素材を粉にしたものや、道明寺粉をいって作るごく小さいあられ。単独で、または数種取り合わせて、湯を注いで飲む。茶事の待合などで用いられる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうせん【香煎】

麦こがしなど,麦や米をいって粉末とした〈こがし〉(〈はったい〉〈はったい粉〉とも)を指すこともあるが,一般にはそうしたこがしにサンショウ,シソ,陳皮(ちんぴ)(ミカンの皮)などの粉末と少量の塩を加えたものをいい,湯を注いで茶のように飲用する。江戸時代以前から大唐(たいとう)米と呼ばれた赤米(あかごめ)を主材料としてさかんに用いられたもので,《犬筑波集》には〈日本のもののくちのひろさよ たいとうをこかしにしてや飲ぬ覧〉の句が見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうせん【香煎】

麦こがし 」に同じ。
米・麦などの穀類を煎ってひいた粉に、シソ・陳皮などを加えたもの。白湯さゆにといて飲む。こがし。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

香煎
こうせん

麦こがし」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

香煎
こうせん

米または麦類を炒(い)ってから粉末にしたものの総称。「こがし」ともいう。オオムギを原料とした麦こがし、俗に「はったい粉」とよばれるものが、比較的よく知られている。以前は塩を混ぜてそのまま食べたり、湯で練って食していたようである。現在は砂糖を混ぜて型押ししてつくる麦落雁(らくがん)などの菓子の原料とか、砂糖を加え湯で練って食べるといった用い方をする。また、シソやサンショウの実、陳皮(ちんぴ)(ミカンの皮)などの粉末や、糯米(もちごめ)でつくる小さいあられのことも香煎という。単独または混合して湯を注ぎ、お茶がわりに飲用する。大唐米(だいとうまい)(イネの一品種で赤ばんだ米)を主材料に、陳皮、サンショウ、ハトムギ、ウイキョウなどをあわせた香煎は、江戸時代以前からあり、湯を注いで飲用していたという。[河野友美・大滝 緑]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の香煎の言及

【オオムギ(大麦)】より

…麦芽は水あめとして菓子用にもされる。そのほか,みそ,しょうゆの原料にもされ,またいって粉にして麦焦し(ハッタイ粉,香煎)にする。オオムギは飼料としても重要で,世界とくに欧米の需要のほとんどは飼料用である。…

【桜湯】より

…見合いや婚礼の席で茶のかわりに用いられるのは,〈お茶を濁す〉などと使われる茶を避けるためだという。《嬉遊笑覧》(1830序)に〈近ごろはじまった〉とする記載があり,明治初期の東京では繁華な下町の大通りの夏の夜店の中には,床几(しようぎ)に赤いケットをかけて並べた桜湯の店も見られ,麦湯,甘酒,香煎(こうせん)などもあきなっていたという。香煎に湯を注いで飲ませた〈煎物(せんじもの)売〉は職人歌合や狂言に見えるが,そうした〈煎物売〉の商品の一つとして,すでに中国で行われていたランの花の塩漬などにヒントを得て考案されたものと思われる。…

※「香煎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

香煎の関連キーワード麦こがし焦がし麦焦がし麦焦し焼粉粉末スープ粉末油脂アトマイズ粉末糗/麨

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

香煎の関連情報