コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落雁 らくがん

7件 の用語解説(落雁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

落雁
らくがん

和菓子の一種。干菓子の打物に属する。名称は明の軟落甘 (なんらくかん) から転訛したとも,また形が落雁に似ているところから近江八景の一つ堅田落雁になぞらえたともいわれる (江戸時代の『類聚名物考』) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

らく‐がん【落×雁】

池や沼に降りてくる 秋》
干菓子の一。米・麦・大豆・小豆やソバの実などを粉にして煎(い)り、砂糖・水飴などを混ぜ、型に入れて抜き固めたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

落雁【らくがん】

干菓子の一種。微塵(みじん)粉に砂糖,あめなどを加えてねり,木型に入れて固め乾燥させる。名の起源は中国の菓子軟落甘(なんらくかん)にちなむとも,白い上に黒ゴマの散ったのが雁の落ちる風情に似るところからともいう。
→関連項目微塵粉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

らくがん【落雁】

和菓子の一種。うるち米・もち米・麦・大豆・あわなどの穀類の粉に砂糖や水あめなどを加えて練り、型に詰めて押し固め、型から抜いて乾燥させたもので、干菓子の代表的なもの。ごま、ひき茶、しその粉末などを加え、さまざまな風味のものが作られる。◇中国の菓子「軟落甘(なんらくかん)」(どのような菓子かはわかっていない)からとったとも、白い米粉の地に黒ごまを散らしたものを雪の上に雁の群れが降りてくるさまに見立てたともいわれる。石川・金沢に本店のある和菓子店「森八」の「長生殿(ちょうせいでん)」、長野・小布施に本店のある和菓子店「竹風堂」の「方寸(ほうすん)」、秋田の秋田諸越(もろこし)、宮城の塩釜などが知られる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

らくがん【落雁】

干菓子の一種。みじん粉(もち米を蒸し,乾燥して粉にひいたもの),麦焦しきな粉などを主材料とし,これに砂糖,水あめなどを加えて練り,木型に入れて押し固めたもの。中国で宋以前から同類の食品がつくられており,そうしたものが伝えられてできたようで,朱舜水の《舜水朱氏談綺》(1708)は落雁が中国で軟落甘(なんらくかん)という菓子にあたるものだとしている。初期のものが白地にゴマを配していたため,それを瀟湘(しようしよう)八景の平沙落雁や近江八景の堅田の落雁になぞらえての名とされるが,軟落甘を略してそれに風雅な字をあてたものと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

らくがん【落雁】

空から舞い降りる雁かり[季] 秋。
干菓子ひがしの一。微塵粉みじんこ・麦こがし・黄粉きなこなどに砂糖をまぜてこね、型に打ち抜いたもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

落雁
らくがん

干菓子の一種で打(うち)菓子、打物(うちもの)菓子ともいう。糯米(もちごめ)、粳米(うるちまい)、そば、大豆、小豆(あずき)、大麦、小麦などを製粉し、砂糖、水飴(みずあめ)などを加えて練り、型に入れて押し、焙炉(ほいろ)で乾燥させたもの。落雁の名は中国の菓子名の軟落甘(なんらくかん)からとったといわれる。1708年(宝永5)刊の『朱子談綺(だんき)』に、軟落甘は(こう)の名であるとされているところからも、当初は白雪(はくせっこう)の形態であり、文字どおり軟らかい落雁であった。落雁は文明(ぶんめい)年間(1469~1487)に山城(やましろ)国壬生(みぶ)(京都)の住人板倉治部(じぶ)によりつくられた。糯米を蒸し、陽光にさらして臼(うす)で搗(つ)き、甘味を加えた一寸四方の打物の表面に黒ごまを散らした菓子で、治部はこれを後土御門(ごつちみかど)天皇に献上し、帝(みかど)は菓子の姿を白雪に雁(がん)の舞い下りた風景に見立てたので、「落雁」と名づけられたという。また献上の栄誉をたたえて御所落雁の菓名となった。この菓子は治部が本願寺蓮如(れんにょ)に従ったことから北国に伝わり、いまでは富山県南砺(なんと)市の名物である。さらに1625年(寛永2)には石川県金沢市の「長生殿」が完成して、落雁では最高級とされた。今日では和三盆糖を用いた典雅な菓子である。有名落雁には京都市のお千代宝(ちよぼう)、名古屋市の二人静(ににんしずか)、長野県小布施(おぶせ)町のそば落雁、福井県敦賀(つるが)市の豆落雁、群馬県館林(たてばやし)市の麦落雁、埼玉県川越市の初雁城(はつかりじょう)、秋田市の秋田諸越(もろこし)がある。また軟落雁では長崎市の口沙香(こうさこう)、島根県松江市の山川、菜種の里、新潟県長岡市の越乃雪(こしのゆき)、宮城県塩竈(しおがま)市の「しおがま」などがあげられる。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

落雁の関連キーワード米菓毬餅上糝粉煎餅鳥の子餅うるち(粳)米もち米(ごめ)炒粉餅トック炒粉餅/煎粉餅

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

落雁の関連情報