コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

然りとては サリトテハ

デジタル大辞泉の解説

さりとて‐は【然りとては】

[連語]
そうであっても。そうはいっても。
「人しげく侍らむを、と聞こゆ。―いとおぼつかなくてやあらむ」〈・蜻蛉〉
(感動・強調の気持ちを込めて)まったく。これはまた。
「―一口両舌ナ者ヂャ」〈天草本伊曽保・狼と子を持った女〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さりとては【然りとては】

そうであるからといって。それでも。 「 -、いと、おぼつかなくてやはあらむ/源氏 蜻蛉
そうではあろうが。ともかく。 「衣なくては叶ふまじ、-先づかへしたび給へ/謡曲・羽衣」
驚きの気持ちを表す。そうであるとは。それはそれは。まったく。 「 -、其の小歌の事では御座らぬ/狂言・萩大名 虎寛本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

然りとてはの関連キーワード然りとて連語小歌謡曲

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android