コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜻蛉 セイレイ

デジタル大辞泉の解説

せい‐れい【××蛉】

昆虫トンボ別名

とんぼ【蜻蛉/蜻蜓】

トンボ目の昆虫の総称。頭部の複眼は大きく左右に突出し、単眼は3個ある。触角は短く、かむ口をもつ。胸部には長大な2対の翅(はね)をもつ。腹部は長く棒状。幼虫は水生で、ヤゴとよばれる。成虫・幼虫ともに他の昆虫を捕食する。不完全変態イトトンボサナエトンボオニヤンマアキアカネシオカラトンボなど。あきつ。かげろう。せいれい。とんぼう。 秋》「とどまればあたりにふゆる―かな/汀女
トビウオの別名。とんぼうお。
歌舞伎で、役者が立ち回り中に切られたり投げられたりしたときなどに、手をつかずに宙返りすること。とんぼがえり。「―を切る」
印刷で、刷り位置を正確にするために版や原稿につける十文字の印。
運動場を整地する道具の通称。木製・金属製の丁字形の棒で、地面をならして平坦にする。形状が1に似ることによる呼び名。
蜻蛉結び」の略。
蜻蛉持ち」の略。

とんぼう〔とんばう〕【蜻蛉】

とんぼ1」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えんば【蜻蛉】

トンボの古名。

せいれい【蜻蛉】

トンボの別名。

とんぼう【蜻蛉】

とんぼ(蜻蛉) 」に同じ。 [季] 秋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蜻蛉 (カゲロウ)

動物。カゲロウ目の昆虫の総称

蜻蛉 (トンボ)

動物。トンボ目の昆虫の総称

蜻蛉 (トンボグサ)

植物。スベリヒユ科の一年草,薬用植物。スベリヒユの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

世界大百科事典内の蜻蛉の言及

【トンボ(蜻蛉)】より

…【朝比奈 正二郎】
【伝承と民俗】

[日本]
 古くは〈あきづ〉と呼ばれ,日本の国土を〈あきづしま〉という。神武紀に,天皇が〈国の状(かたち)を廻(めぐ)らし望〉んで〈蜻蛉(あきづ)の臀呫(となめ)の如くにあるかな〉といったので〈秋津洲(あきづしま)〉と呼ぶようになったとある。民間では,初秋に突如として群れをなして飛来するところから,祖霊が姿をかえてやってくるとみてこれをとらえることを忌み,とらえると〈盆と正月礼にこい〉と唱えて放つ風習があった。…

※「蜻蛉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蜻蛉の関連キーワードプロフィット蒔絵(蜻蛉)奈良県吉野郡川上村西河かげろふの日記遺文己が散り散り生後ろめたし負ひ並め持つ藤原道綱母空しくなる閉ぢめの事打ち解け姿限りの度生ひ直る夏引きの取り具す鼻毛延人ぼうぞく小松留美取り放くおぼおぼ生賢しら

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蜻蛉の関連情報