コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼き海胆 やきうに

1件 の用語解説(焼き海胆の意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

やきうに【焼き海胆】


青森県陸奥湾沿岸、宮城県三陸地方郷土料理で、うにをほっき貝やあわびなどの貝殻に盛って焼いたもの。うにを殻に入ったまま丸焼きにすることもある。◇「うにの貝焼き(かやき)」「がぜ焼き」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

焼き海胆の関連キーワード三陸地方三陸地震三陸物青森県三沢市大町青森県三戸郡五戸町倉石又重青森県三沢市根井青森県青森市本町青森県三沢市三沢青森県三沢市八幡笹沢魯羊

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone