コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼き海胆 やきうに

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

やきうに【焼き海胆】


青森県陸奥湾沿岸、宮城県三陸地方の郷土料理で、うにをほっき貝やあわびなどの貝殻に盛って焼いたもの。うにを殻に入ったまま丸焼きにすることもある。◇「うにの貝焼き(かやき)」「がぜ焼き」ともいう。

出典|講談社日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android