コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼灼 ショウシャク

デジタル大辞泉の解説

しょう‐しゃく〔セウ‐〕【焼×灼】

[名](スル)焼くこと。特に、病気組織電気薬品で焼いて治療すること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうしゃく【焼灼】

( 名 ) スル
焼くこと。焼けること。特に、外科で、薬品・電気で病組織を焼く治療法。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

焼灼の関連キーワードルー(Wilhelm Roux)先天性尿道狭窄/尿道弁/尿道憩室表皮母斑(硬母斑/疣状母斑)カテーテルアブレーションマロリー‐ワイス症候群電磁波による健康障害ワンサンアンギーナ房室結節回帰性頻拍尋常性疣贅(いぼ)がんのレーザー療法乳房パジェット病レーザー治療装置発作性上室性頻拍尖圭コンジローム子宮腟部びらん水苛性変成作用WPW症候群間質性膀胱炎苛性変成作用バレット食道

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焼灼の関連情報