コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱伝達率 ねつでんたつりつheat transfer coefficient

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱伝達率
ねつでんたつりつ
heat transfer coefficient

固体表面とそれに接する流体との間の対流による熱伝達において,固体表面の温度を ts ,流体の温度を T とすると,単位時間に単位面積を通過する熱量 Q は,Q=α(tst) で表わされ,αを熱伝達率または熱伝達係数という。熱伝達率は,流体の流れが自然対流である場合よりも強制対流の場合が大きく,また伝熱の間に流体が沸騰,凝縮などの相変化を起す場合にはさらに大きな値となる。 (→ヌッセルト数 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の熱伝達率の言及

【対流】より

… 対流中の熱の移動,あるいは拡散にとくに注目するとき,これを対流伝熱と呼び,さらに固体壁面と流れの間の熱授受を指すとき,これを熱伝達という。熱伝達において,壁面の単位面積を単位時間に通過する熱量qを,壁面と流体の温度差⊿Tで割った値hq/⊿Tを熱伝達率と呼び,この値が大きいほど熱授受の良好さを示す。流れを代表する寸法をL,流体の熱伝導率をλとしたとき,NuhL/λで定義される無次元数をヌッセルト数Nusselt numberと呼ぶ。…

【伝熱】より

…対流中の熱の移動,あるいは拡散にとくに注目するとき,これを対流伝熱と呼び,さらに固体壁面と流れの間の熱授受を指すとき,これを熱伝達という。熱伝達において,壁面の単位面積を単位時間に通過する熱量qを壁面と流体の温度差⊿Tで除した値を熱伝達率と呼び,熱授受の良好さの程度を示す。自然対流や強制対流での熱の見かけの拡散の速度は,流れの状態が層流か乱流かにより大きく異なる。…

※「熱伝達率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

熱伝達率の関連キーワード加圧水型原子炉熱貫流熱衝撃熱通過

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android