熱伝達(読み)ねつでんたつ

大辞林 第三版の解説

ねつでんたつ【熱伝達】

熱が移動する現象。伝導・放射・対流がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の熱伝達の言及

【クライオスタット】より

…物性測定や構造解析の目的で試料を低温に保つ装置。低温実験には不可欠の装置で,その基本構造は熱伝達の調節と熱絶縁の利用から成る。熱伝達は,(1)試料の周囲にある気体の分子運動に基づく熱伝導,(2)試料に接している金属やプラスチックなど固体の熱伝導,(3)物体からの輻射による熱伝導,の三つの形式による。…

【対流】より

…かつては,浮力による自然対流のみを指して対流と呼んだが,現在では強制対流をも含めて対流と総称する。 対流中の熱の移動,あるいは拡散にとくに注目するとき,これを対流伝熱と呼び,さらに固体壁面と流れの間の熱授受を指すとき,これを熱伝達という。熱伝達において,壁面の単位面積を単位時間に通過する熱量qを,壁面と流体の温度差⊿Tで割った値hq/⊿Tを熱伝達率と呼び,この値が大きいほど熱授受の良好さを示す。…

【伝熱】より

…対流のうち,流れが温度差に付随する密度差によって生ずる浮力に基づくものを自然対流,機械的仕事などによって強制的に起こされるものを強制対流,両者の影響をともに受けるものを複合対流と呼んで区別することもある。対流中の熱の移動,あるいは拡散にとくに注目するとき,これを対流伝熱と呼び,さらに固体壁面と流れの間の熱授受を指すとき,これを熱伝達という。熱伝達において,壁面の単位面積を単位時間に通過する熱量qを壁面と流体の温度差⊿Tで除した値を熱伝達率と呼び,熱授受の良好さの程度を示す。…

※「熱伝達」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熱伝達の関連情報