コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝熱 でんねつ heat transfer

3件 の用語解説(伝熱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伝熱
でんねつ
heat transfer

温度の差,あるいは温度の勾配を原因として生ずるエネルギーの空間的移動過程の総称。伝熱の基本的機構としては熱伝導熱放射がある。また,ある物体に接して流体が流れている場合には,流れに伴う熱エネルギー (内部エネルギーあるいはエンタルピー) の輸送と熱伝導との共存の結果,物体と流れとの間の伝熱 (直接には熱伝導による) が促進される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

でん‐ねつ【伝熱】

物体中または空間内における熱の移動現象の総称。温度差や温度勾配がある場合に生じ、熱伝導対流放射により熱が移動する。熱移動。熱伝達。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

でんねつ【伝熱 heat transfer】

温度差のある物質内を,あるいは物質から物質へ熱が移動する現象の総称。伝熱が関与する現象は自然界にもわれわれの生活の中にも数多く存在し,伝熱を無視して人間の営みは語れないといっても過言ではない。例をあげれば,太陽によって大地は加熱され,発電プラントボイラーでは化石燃料の燃焼によって高温の蒸気が作られる。各種の熱交換器内では流体と固体壁,あるいは流体と流体との間で伝熱が行われ,その形態も蒸発や凝縮などさまざまである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伝熱の関連キーワード代謝拮抗物質熱量計温度差動物質精密蒸留呈味物質両親媒性物質淡水性拡散の法則ホーキング効果

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伝熱の関連情報