コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱浴 ねつよくhot bath

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱浴
ねつよく
hot bath

金属または金属塩を溶融状態で一定温度に保つ耐火物浴槽。保熱は電気抵抗炉式が主で,浴が金属の場合は金属浴 (メタルバス) ,塩類の場合は塩浴 (ソルトバス) という。一定温度の熱処理に必要な装置で,浴は被処理材を定温に保つと同時に外気を遮断して酸化などの悪影響を防ぐ役目もする。その意味で浴は被処理材と反応しないものを選ばなければならない。多くは鉄鋼の熱処理用で,階段焼入れ (→マルテンパー ) や焼鈍用の低温浴と,焼入れ前加熱用の高温浴がある。浴組成は使用温度により変える。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

熱浴の関連キーワードマクスウェル‐ボルツマン統計ボース‐アインシュタイン統計フェルミ‐ディラック統計パテンティング処理詳細釣合いの原理オーステンパーサーモスタットカノニカル集合熱てんびん浸炭窒化法易融合金水治療法ピアノ線アムラ城空気浴冷水浴溶融塩浴場金属

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android