コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燃え焦がる モエコガル

デジタル大辞泉の解説

もえ‐こが・る【燃え焦がる】

[動ラ下二]恋いこがれる。また、苦しみもだえる。
「つきせぬ瞋恚(しんい)の炎に―・れて」〈宇治拾遺・一一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もえこがる【燃え焦がる】

( 動下二 )
燃えて黒く焦げる。
ひどく恋いこがれる。 「 - ・れ身をきるばかり佗しきは/玉葉 恋三

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android