コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片山病 カタヤマビョウ

デジタル大辞泉の解説

かたやま‐びょう〔‐ビヤウ〕【片山病】

日本住血吸虫による寄生虫病。広島県片山地方で最初に知られた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の片山病の言及

【風土病】より

…なかでも最も被害の大きかったのは恙虫病で,秋田,山形,新潟3県に注ぐ河川の流域が病巣地であった。これに次ぐ被害を与えたのは日本住血吸虫症で,江戸後期の医師藤井好直が《片山記》(1847)に記録しており,〈片山病〉ともいわれ,広島県の片山盆地のほか,山梨県の甲府盆地などの水田地帯に広がっていた。また同じころ医師本間棗軒(そうけん)(玄調)が《瘍科秘録》(1837)に記した〈食兎中毒〉は,今日ツラレミアと呼ばれる野兎(やと)病であった。…

※「片山病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

片山病の関連キーワードニホンジュウケツキュウチュウ(日本住血吸虫)日本住血吸虫症日本住血吸虫吉田 竜蔵吉田竜蔵藤浪 鑑

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android