寄生虫病(読み)きせいちゅうびょう(英語表記)parasitosis

  • きせいちゅうびょう ‥ビャウ
  • きせいちゅうびょう〔ビヤウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寄生虫による感染によって起る疾患をいい,一般に慢性的な経過をとる。原虫類,線虫類条虫類,吸虫類などの寄生によって引起される。代表的な原虫類としてはアメーバ類,トリコモナス類,ランブル鞭毛虫など。線虫類は回虫,蟯虫,鞭虫。条虫類には有鉤条虫,無鉤条虫,広節裂頭条虫があり,吸虫類には肺吸虫,肝蛭 (かんてつ) ,肝吸虫,日本住血吸虫などがある。その大部分宿主の糞便中の虫卵で検出でき,駆虫も可能になってきている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 寄生虫が体内に宿って起こる病気。回虫症、条虫症、鞭虫症、日本住血吸虫症、十二指腸症、フィラリア症、肺ジストマ症、肝ジストマ症、蟯虫症、トキソプラズマ症など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寄生虫病の関連情報