コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄生虫病 きせいちゅうびょうparasitosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寄生虫病
きせいちゅうびょう
parasitosis

寄生虫による感染によって起る疾患をいい,一般に慢性的な経過をとる。原虫類,線虫類条虫類吸虫類などの寄生によって引起される。代表的な原虫類としてはアメーバ類,トリコモナス類,ランブル鞭毛虫など。線虫類は回虫,蟯虫,鞭虫。条虫類には有鉤条虫,無鉤条虫,広節裂頭条虫があり,吸虫類には肺吸虫肝蛭 (かんてつ) ,肝吸虫日本住血吸虫などがある。その大部分は宿主の糞便中の虫卵で検出でき,駆虫も可能になってきている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

寄生虫病の関連キーワードトーマス・ハックル ウェラーS.A. アーグラモンテー輸入感染症と皮膚の病変寄生虫病の最近の動向エキノコックス症家畜伝染病予防法A.E. ライトランブル鞭毛虫症E.v. ベルツ日本住血吸虫症家畜保健衛生所日本寄生虫学会国際疾病分類ジアルジア症ロイカルトキャンベル桂田富士郎サンショウコイ(魚)板垣 四郎

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寄生虫病の関連情報