寄生虫病(読み)きせいちゅうびょう(英語表記)parasitosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寄生虫病
きせいちゅうびょう
parasitosis

寄生虫による感染によって起る疾患をいい,一般に慢性的な経過をとる。原虫類,線虫類条虫類吸虫類などの寄生によって引起される。代表的な原虫類としてはアメーバ類,トリコモナス類,ランブル鞭毛虫など。線虫類は回虫,蟯虫,鞭虫。条虫類には有鉤条虫,無鉤条虫,広節裂頭条虫があり,吸虫類には肺吸虫肝蛭 (かんてつ) ,肝吸虫日本住血吸虫などがある。その大部分は宿主の糞便中の虫卵で検出でき,駆虫も可能になってきている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寄生虫病の関連情報