コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片桐氏 かたぎりうじ

世界大百科事典 第2版の解説

かたぎりうじ【片桐氏】

近世大名。信濃国伊那片桐より興り,それを氏としたという。戦国末,為頼のとき近江に移り,曾孫直貞は浅井氏家臣となる。その子且元は豊臣氏に仕えて摂津茨木城主,徳川氏の下で大和竜田城主となり,大坂夏の陣の後4万石をあてがわれた。その子孝利に継子なく,弟為元が相続したが,1万石に減封。その孫貞就の代で断絶した。且元の弟貞隆は大和小泉に1万6400石を領した。当主は多く主膳正,石見守に任じた。維新後,子爵。【加藤 真理子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

片桐氏の関連情報