コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片桐氏 かたぎりうじ

1件 の用語解説(片桐氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かたぎりうじ【片桐氏】

近世大名。信濃国伊那片桐より興り,それを氏としたという。戦国末,為頼のとき近江に移り,曾孫直貞は浅井氏家臣となる。その子且元は豊臣氏に仕えて摂津茨木城主,徳川氏の下で大和竜田城主となり,大坂夏の陣の後4万石をあてがわれた。その子孝利に継子なく,弟為元が相続したが,1万石に減封。その孫貞就の代で断絶した。且元の弟貞隆は大和小泉に1万6400石を領した。当主は多く主膳正,石見守に任じた。維新後,子爵。【加藤 真理子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

片桐氏の関連キーワード桃沢匡衡伊那節信濃路片桐貞彰片桐貞篤片桐貞起片桐貞照片桐貞音片桐貞芳保科正直

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

片桐氏の関連情報