コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当主 トウシュ

大辞林 第三版の解説

とうしゅ【当主】

現在のあるじ。その家の、今の主人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の当主の言及

【勘当】より

…勘当したりこれを宥免したりする権利は親(とくに父)の有するところで,父死亡後は母もしくは兄がこの権利を行使した。このような場合の兄の勘当権については,これを親代りの兄が親に代わって親権を行使するものと解する説と,兄が当主たることにもとづいて行使する当主権の発動であるとみる説とが対立している。明治になって勘当の制度は廃止されたが,明治民法に見られる法定推定家督相続人の廃除(廃嫡)や戸主の居所指定権ないし離籍権は,そのなごりであるとも考えられる。…

※「当主」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

当主の関連キーワードロレンツォ・デ・メディチ鹿児島県鹿児島市池之上町オリヴィエ クリュッグフランチェスコ1世女シンケンレッド清水敦之助谷中 魚善三井 高修徳川 達孝三井 高公吉岡憲法那波祐生吉田追風松平信彰貞康親王徳川重好浅野長包毛利広定末期養子三浦誠次

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

当主の関連情報