コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片落ち カタオチ

2件 の用語解説(片落ちの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かた‐おち【片落ち】

[名]
欠けたり切り落としたりした、残りの一方の部分。「鯛(たい)の片落ち
預金または貸し出しの利息計算で、預け入れ日・貸し出し日、または払い戻し日・返済日の一方に、利息をつけないこと。
[名・形動]不公平であること。また、そのさま。片手落ち。
「闘争(けんか)をしても人民の権力皆同しきを以て、―の裁判なく」〈岡三慶・今昔較〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かたおち【片落ち】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
一方が欠け落ちること。
利息計算の方式で、預け入れまたは貸し出しの日、あるいは支払いの日のいずれかに利息をつけないもの。片端落とし。片落とし。 → 両落ち
一方だけをひいきにする・こと(さま)。不公平。片手落ち。 「その様な-な事があるものでござるか/狂言・鈍太郎 虎寛本

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone