コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片蓋柱 カタフタバシラ

デジタル大辞泉の解説

かたふた‐ばしら【片蓋柱】

壁面から本来の形の約半分だけを突出させて取り付けた装飾的な

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かたふたばしら【片蓋柱】

装飾として壁面に取り付けた柱。壁面より多少突き出ている。つけ柱。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

片蓋柱
かたふたばしら

ピラスター」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の片蓋柱の言及

【柱】より

…さらに建物の種類により,仏堂では外陣柱と内陣柱,仏壇後ろの来迎柱,塔では入側柱に相当する四天柱,相輪を支持する心柱(檫),書院や民家における床の間の床柱,民家の中心的位置にある大黒柱,さらに特殊なものとして神社本殿で,神明造の妻側に離れて立つ棟持(むなもち)柱や,大社造の中心にあるうず柱などの名称がある。 断面の形状をみると,円柱と方柱のほか六角柱,八角柱,長方形の鏡柱や片蓋(かたぶた)柱,角に自然の丸みを残した面皮(めんかわ)柱などがある。円柱は飛鳥・奈良時代には下方が膨らんでおり,これをエンタシス(胴張り)という。…

【ピラスター】より

…壁面から張り出して浮彫状に表現される,断面方形の古典様式の柱形。付け柱,片蓋柱(かたふたばしら)ともいう。構造的意味はなく,オーダーの規則に従い,空間的秩序の表現や壁面にリズムを与えるためなどに用いられる。…

※「片蓋柱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

片蓋柱の関連キーワードサンタンドレア聖堂[マントバ]サン・フランチェスコ聖堂カステル・デル・モンテマリア・ラーハ修道院ウォルムス大聖堂付け柱・付柱パラッツォ壁面付柱

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android