コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牙保罪 ガホザイ

デジタル大辞泉の解説

がほ‐ざい【牙保罪】

盗品であることを知りながら、その処分の斡旋(あっせん)をする罪。平成7年(1995)の刑法改正以前の用語で、改正後は「盗品等有償処分あっせん罪」という。→盗品譲受け等罪

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

がほざい【牙保罪】

贓物ぞうぶつ罪の一。事情を知りながら盗品の売買または質入れなどの処分の仲介・周旋をする罪。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

牙保罪の関連キーワード質入れ牙保仲介周旋