コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

処分 ショブン

6件 の用語解説(処分の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょ‐ぶん【処分】

[名](スル)
取り扱いを決めて物事の決まりをつけること。処理。
「書生下女を差図して家事を―し」〈鉄腸・花間鶯〉
規則・規約などを破った者に罰を加えること。処罰。「処分を受ける」「違反者を厳重に処分する」「懲戒処分
不要なものや余分なものなどを、捨てる、売り払う、消滅させる、など適当な方法で始末すること。「古いノートを処分する」「家を処分する」

公法上、具体的事実や行為について、行政権または司法権を作用させる行為。行政処分強制処分保護処分など。
私法上、処分行為のこと。
[用法]処分・処理処置――「処分(処理・処置)の方法を考える」のように、物や物事の扱いを決める意では相通じて用いられる。◇「処分」を人に対して使う場合は、「停職処分とする」のように違反・違法行為をした者に罰を加えること。物についていう場合は捨てたり手放したりする意で、「古い家具を処分した」のように用いる。これらは「処理」「処置」では置き換えられない。◇「処理」は「種なしぶどうはホルモン剤で処理される」「汚水処理」「事故の処理が終る」のように物に対して何等かの手を加え、それまでとは違った形にしたり、片づけたりすることで、人に対しては使わない。◇「処置」は「処理」と似ているが、「処理」より一時的で、その当座の扱い、当面の手当ての意が強い。また、物にだけでなく、人にも使うことができる。「けがの応急処置をする」「罹災者には緊急保護の処置を取った」などの場合、「処分」「処理」では置き換えられない。

そう‐ぶん【処分】

そぶん(処分)」の音変化。
「生ける時―してむ」〈落窪・四〉

そ‐ぶん【処分】

遺産を譲与・分配すること。また、その遺産。そうぶん。
「御―もなくて、うせさせ給ひにけり」〈栄花・ゆふしで〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょぶん【処分】

( 名 ) スル
不要な物などを捨てたり、他に売り払ったりすること。かたをつけること。 「 -場」 「廃棄-」 「土地を-する」
規則に反した者などを処罰すること。 「厳重に-する」 「 -を受ける」
物事を処理すること。 「書生下女を差図して家事を-し/花間鶯 鉄腸
〘法〙
具体的場合について、公権力を行使する行為。 → 行政処分強制処分保護処分
私法上、「処分行為」に同じ。

そぶん【処分】

遺産を分配すること。また、その遺産。そうぶん。 「尾張の熱田の社などをぞ御-ありける/増鏡 あすか川

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

処分
しょぶん

一般的には物事の片をつけることをいうが、法学上は種々の法領域できわめて多様に用いられる。たとえば、行政権の作用としての行政処分司法作用としての保護処分仮処分強制処分執行処分などの権力行使を意味することがあり、分野により処分権主義民事訴訟法)、処分証券(商法)、処分証書(民事法)、保安処分(刑事法)など、種々の用法がある。また、私法上では、管理に対する観念で、既存の権利、事実状態に変更をもたらすものをいい、物権の設定・移転、債権譲渡、相殺(そうさい)などの法律上の処分と、物の毀損(きそん)・滅失・廃毀などの事実上の処分がある。[阿部泰隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

処分の関連キーワード意を決する貨物駅処遇取り扱い・取扱い・取扱荷扱い不取り扱い・不取扱い別格決め手車扱い取扱い

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

処分の関連情報