コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物語合(わ)せ モノガタリアワセ

デジタル大辞泉の解説

ものがたり‐あわせ〔‐あはせ〕【物語合(わ)せ】

物合わせの一。左右の組に分かれ、珍しい物語や新作の物語に歌などを添えて出し合い、その優劣を競う遊び。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の物語合(わ)せの言及

【堤中納言物語】より

…その他《花桜折る少将》の終末のどんでん返しの趣向や,《このついで》の薫物(たきもの)のついでに3人が次々に語る短い話に示される恋のあわれさの鮮烈な印象なども,短編物語の特徴をよく生かしている。 10編のうち《逢坂越えぬ権中納言》だけは1055年(天喜3)5月3日に禖子内親王家(六条斎院)で催された物語合せに提出された18の新作物語の中の一編で,小式部という女房の作であることが明らかにされているが,他の9編と断章の作者,成立年次は不明である。ただ《花桜折る少将》《ほどほどの懸想》《貝合せ》《はいずみ》は《逢坂越えぬ権中納言》とともに,1271年(文永8)に成った《風葉和歌集》(物語の歌を勅撰集風に撰修した集)に各1首を見せているから,成立年次の下限はわかる。…

※「物語合(わ)せ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android