物部武諸隅(読み)もののべの たけもろすみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

物部武諸隅 もののべの-たけもろすみ

古代伝承上の豪族
伊香色雄(いかがしこおの)命の孫。「日本書紀」によれば,崇神(すじん)天皇60年出雲振根(いずもの-ふるね)のもとに派遣され,武日照(たけひなてるの)命が出雲大神宮にもたらした神宝を献上させた。大連(おおむらじ)の称をあたえられ,石上(いそのかみ)神宮につかえた。矢田部造(みやつこ)の祖とされる。別名の大母隅(おおもろすみ)を「先代旧事本紀(せんだいくじほんぎ)」では弟の名とする。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android