コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豪族 ごうぞく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豪族
ごうぞく

歴史上,土着して,その地方勢力をもつ一族をさし,特に古代においては,蘇我氏大伴氏物部氏などのように社会的・経済的基盤の強大な氏族をさす。しかし,時代とともに,豪族の没落,勃興による交代がみられ,中央貴族の系譜を引く地方豪族も出現し,やがて武士団の中核となっていった。最初の武家政権である鎌倉幕府も,東国の豪族たちの支持によって成立した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ごう‐ぞく〔ガウ‐〕【豪族】

その地方に土着している住民の中で、大きな財産や勢力をもつ一族。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

豪族【ごうぞく】

土着制・自力制・族団制を持つ。大和政権下,大王のもとで中央・地方の豪族が氏姓(しせい)制度に組み込まれた。その後中央の貴族に対し,大化前代国造(くにのみやつこ)など地方の有力者を指した。
→関連項目栗隈山科

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ごうぞく【豪族】

その土地に長く住み、広い土地や大きな財産を持ち、強い勢力を張る一族。 「地方-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豪族
ごうぞく

一般的には、地方に居住し権勢を有する一族のことをいう。しかし、歴史的には、地方居住者に限らず、王族ではない有勢な一族をいう場合がある。律令(りつりょう)国家以前のいわゆる大和(やまと)王権のもとにおいては、5世紀以降王権に結集してきた大和(奈良県)、河内(かわち)(大阪府)などに本拠をもつ臣(おみ)・連(むらじ)などの姓(かばね)をもつ氏族を中央豪族、また地方にあって国造(くにのみやつこ)・県主(あがたぬし)に任ぜられた直(あたい)・君(きみ)などの姓を有する氏族を地方豪族とよんでいる。律令国家のもとでは、豪族といえばもっぱら地方豪族のことで、王族および五位以上の貴族に対比される概念として使われる。律令制下の地方豪族の多くは郡司(ぐんじ)あるいは国府の下級官吏に任ぜられ、地方行政の末端を担った。中世では、地頭(じとう)や荘官(しょうかん)・下司(げし)などの階層に対して用いられるが、とくに室町時代以降は、地侍(じざむらい)や公文(くもん)・沙汰人(さたにん)などを土豪とよび、豪族の概念は用いられなくなる。江戸時代以降においては、豪族・土豪とも使われず、かわって豪農・豪商の概念が用いられるようになる。[原秀三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の豪族の言及

【漢】より

…このとき運よく生き残ったものは,商業を避けて土地に投資し,地主への転身をはかった。後漢時代にとくに顕著となる豪族の中には,こうした転身者の子孫がかなりあったとみられる。また新経済政策にともなう商人の没落は,同時に商業そのものの性格を変えることになった。…

※「豪族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

豪族の関連キーワード乎〓(“獣へん”に「隻」)居群馬県富岡市上丹生吉備弓削部虚空前田利隆(1)部曲・民部坂東八平氏簗田晴助佐伯田公吉備田狭狭井佐夜千葉常胤安倍頼時楠木・楠小田成治蘇我蝦夷藤原秀衡大伴金村豪族居館形勢戸葛西氏

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豪族の関連情報