コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特別保険料

1件 の用語解説(特別保険料の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

特別保険料

ある一定の基準で算定された基本保険料よりも危険が大きい場合、あるいは危険が増加した場合に、その危険の程度に応じて基本保険料に追加して課徴される保険料のことである。保険料の課徴が保険期間の一部についてなされるときは、追加保険料とも呼ばれる

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

特別保険料の関連キーワード損害保険料率算出機構保険料不可分の原則生命保険料率純保険料初年度保険料純保険料率基本保険金額保険料期間算定会科率保険料計算の基礎率

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone