コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特定農山村活性化法 とくていのうさんそんかっせいかほう

百科事典マイペディアの解説

特定農山村活性化法【とくていのうさんそんかっせいかほう】

中山間地(ちゅうさんかんち)法とも。1992年の新農政プランの具体化策として,これまで立地条件などが不利で過疎化の進む中山間地域で,都市と共生できる個性的な農村定住空間を形成し,国土と環境の保全をはかるための法律で,1994年に施行。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android