保全(読み)ホゼン

デジタル大辞泉の解説

ほ‐ぜん【保全】

[名](スル)保護して安全であるようにすること。「財産を保全する」「環境保全

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほぜん【保全】

( 名 ) スル
安全を保つこと。 「領土を-する」 「結局政府と云ふも人民の幸福を-するにあらずして/民約論

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほ‐ぜん【保全】

〘名〙 保護して安全であるようにすること。ほうぜん。
※両足院本山谷抄(1500頃)一一「保全一身執与保全天子と云ぞ」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「これを安穏に保全するまでの功用のみ」 〔後漢書‐龐公伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の保全の言及

【永楽保全】より

…11代善五郎も土風炉製作から陶磁製作に転じ,27年(文政10)表千家吸江斎,楽旦入,了全らと紀州徳川家に招かれて御浜御殿で製陶し,〈河浜支流〉〈永楽〉の金・銀印を下賜された。43年(天保14)には家督を息子仙太郎(後の和全,1823‐96)に譲り,善一郎と改名,48年(嘉永1)に保全を称した。保全は中華趣味,文人趣味の流行に従い,金襴手,祥瑞(しよんずい),交趾,呉須赤絵など中国陶磁を主流に高麗写しや仁清,古清水写しなどを手がけた。…

※「保全」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保全の関連情報