保全(読み)ほぜん

精選版 日本国語大辞典「保全」の解説

ほ‐ぜん【保全】

〙 保護して安全であるようにすること。ほうぜん。
※両足院本山谷抄(1500頃)一一「保全一身執与保全天子と云ぞ」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「これを安穏に保全するまでの功用のみ」 〔後漢書‐龐公伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「保全」の解説

【保全】ほぜん

たもち守る。〔漢書、外戚下、孝成許皇后伝〕(の報書)、皇后に問ふ。~日(さき)に始元年正、白氣、營室に出づ。~后妾に能く懷任(妊)保する無きを(しめ)し、以て繼嗣のにして、賤人の將(まさ)にらんとするをはすなり。

字通「保」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の保全の言及

【永楽保全】より

…11代善五郎も土風炉製作から陶磁製作に転じ,27年(文政10)表千家吸江斎,楽旦入,了全らと紀州徳川家に招かれて御浜御殿で製陶し,〈河浜支流〉〈永楽〉の金・銀印を下賜された。43年(天保14)には家督を息子仙太郎(後の和全,1823‐96)に譲り,善一郎と改名,48年(嘉永1)に保全を称した。保全は中華趣味,文人趣味の流行に従い,金襴手,祥瑞(しよんずい),交趾,呉須赤絵など中国陶磁を主流に高麗写しや仁清,古清水写しなどを手がけた。…

※「保全」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android