特殊器台形土器(読み)とくしゅきだいけいどき

世界大百科事典内の特殊器台形土器の言及

【墳墓】より

…後期も後葉になると,この墳丘墓は西日本各地でつくられるようになり,なかには1辺30mを超えるもの,径40mに達する大規模なものも出現する。また前方部の祖型とみられる突出部を付設するもの,葺石の先駆となるような貼石(はりいし)を施すもの,埴輪の原型としての特殊器台形土器,壺形土器を埋葬祭祀に用いるもの,短小ながら割竹形木棺や竪穴式石室を備えるものなどが現れ,個々の要素としては前方後円墳に著しく接近をみせる(方形台状墓)。さらに中心埋葬の卓越もみられ,墳丘の大型化,その他の祭祀機能の整備とともに,首長の神格化が,集団間,地域間の不均等を伴って始まっていたことを示している。…

【弥生土器】より

…弥生文化に用いられた軟質,赤焼きの土器。縄文土器に後続し,古墳時代の土師器(はじき)に先行する。1884年に東京本郷の弥生町向ヶ丘貝塚(弥生町遺跡)で採集された土器がもとになって,90年代から〈弥生式土器〉の名称が生まれた。最近では,細別するときに加曾利B式,遠賀(おんが)川式など〈式〉をつけるほうが明快だという考えから,総称としては〈式〉を抜いて〈縄文土器〉〈弥生土器〉の名が使われる。なお近年までは,冒頭に掲げた定義とまったく逆に,〈弥生式土器〉の行われた文化・時代を弥生文化,弥生時代と呼んできた。…

※「特殊器台形土器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android