コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特約栽培 とくやくさいばい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

特約栽培
とくやくさいばい

ある作目の生産,出荷について企業資本と生産農民との間で契約を取りかわしたうえで行う栽培をいう。生産農民は栽培前に企業資本によって販売額を保障される一方,生産物を独占的に当該企業資本に引渡す義務を負っている。典型例は北海道における二条大麦栽培で,1876年北海道開拓使麦酒醸造場がビール麦を付近の農家に栽培させ,納入させたことに始り,第2次世界大戦前はビール会社が農家と栽培契約を結んで指導,等級検査なども行なった。戦後はビール麦のほかに採種,加工園芸でも行われており,業者が直接指導にあたっているものが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android