コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特許権侵害罪

1件 の用語解説(特許権侵害罪の意味・用語解説を検索)

産学連携キーワード辞典の解説

特許権侵害罪

特許権侵害罪」とは、特許権侵害に伴う刑事罰のこと。侵害者は「5年以下の懲役又は500万円以下の罰金」に処される。また、特許権者自身の告訴がなくても検察官が公訴することが可能である他、行為者個人を罰するだけでなく、その法人に対しても罰金刑を科することがある。「特許権侵害罪」は、法人重課の規定により、法人に対しては侵害行為者個人と別に、1億5千万円以下の罰金刑が科される。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

特許権侵害罪の関連キーワード人権侵害警告差止請求権実施行為独立の原則独占的通常実施権特許権の消尽特許権の消滅特許査定発明者非独占的通常実施権

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone