コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独立居住制 どくりつきょじゅうせい

1件 の用語解説(独立居住制の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

独立居住制【どくりつきょじゅうせい】

婚姻後の居住形態の一つ。夫婦が双方の親の家から離れたところに居住すること。現在の欧米や日本では一般的に認められる型である。日本では結婚当初は独立居住制の形態をとり,その後,親の健康状態等の要因から親と同居するケースが目立っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

独立居住制の関連キーワード集団婚妻問婚夫婦夫婦同氏の原則戚里後の親夫婦連れ夫婦養子夫婦別れ三夫婦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone