独立居住制(読み)どくりつきょじゅうせい

百科事典マイペディア「独立居住制」の解説

独立居住制【どくりつきょじゅうせい】

婚姻後の居住形態の一つ。夫婦双方から離れたところに居住すること。現在の欧米や日本では一般的に認められる型である。日本では結婚当初は独立居住制の形態をとり,その後,親の健康状態等の要因から親と同居するケースが目立っている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android