独立居住制(読み)どくりつきょじゅうせい

百科事典マイペディア「独立居住制」の解説

独立居住制【どくりつきょじゅうせい】

婚姻後の居住形態の一つ。夫婦双方から離れたところに居住すること。現在の欧米や日本では一般的に認められる型である。日本では結婚当初は独立居住制の形態をとり,その後,親の健康状態等の要因から親と同居するケースが目立っている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android