猟虎の皮(読み)らっこのかわ

精選版 日本国語大辞典「猟虎の皮」の解説

らっこ【猟虎】 の 皮(かわ)

ラッコの手ざわりのよい皮。転じて、上下だれに対しても従順な、他人の言うままになる人をたとえていう。
※古文真宝彦龍抄(1490頃)「是等はらっこの皮な者共也。あちへ行こちへ行た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「猟虎の皮」の解説

猟虎(らっこ)の皮(かわ)

ラッコの毛は柔らかくて、なでると自由になびくところから》たやすく意見になびき従う人のたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android