コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪牙舟 チョキブネ

デジタル大辞泉の解説

ちょき‐ぶね【×牙舟】

江戸時代、屋根のない舳先(へさき)のとがった細長い形の小舟。江戸市中河川で使われ、特に、浅草山谷(さんや)にあった新吉原へ通う遊客に多く用いられた。山谷舟。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょきぶね【猪牙舟】

和船の一。江戸時代、市中の水路で大量に使われた一人あるいは二人漕ぎの屋根のない船で、舳みよしが長く船足が速い。吉原の遊び客の足として盛んに用いられた。関西ではちょろと呼ぶ。ちょけぶね。ちょき。山谷船。
瀬戸内を中心に関西方面で近距離の海運に使われた小型船の一船型。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

猪牙舟の関連キーワード猪牙掛かり二梃立て猪牙掛り江戸時代悪所船ちょき瀬戸内ちょろ山谷船近距離吉原和船海運船足水路猪牙

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android