猪牙舟(読み)チョキブネ

大辞林 第三版の解説

ちょきぶね【猪牙舟】

和船の一。江戸時代、市中の水路で大量に使われた一人あるいは二人漕ぎの屋根のない船で、舳みよしが長く船足が速い。吉原の遊び客の足として盛んに用いられた。関西ではちょろと呼ぶ。ちょけぶね。ちょき。山谷船。
瀬戸内を中心に関西方面で近距離の海運に使われた小型船の一船型。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android