コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪牙舟 チョキブネ

2件 の用語解説(猪牙舟の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょき‐ぶね【×牙舟】

江戸時代、屋根のない舳先(へさき)のとがった細長い形の小舟。江戸市中の河川で使われ、特に、浅草山谷(さんや)にあった新吉原へ通う遊客に多く用いられた。山谷舟。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょきぶね【猪牙舟】

和船の一。江戸時代、市中の水路で大量に使われた一人あるいは二人漕ぎの屋根のない船で、舳みよしが長く船足が速い。吉原の遊び客の足として盛んに用いられた。関西ではちょろと呼ぶ。ちょけぶね。ちょき。山谷船。
瀬戸内を中心に関西方面で近距離の海運に使われた小型船の一船型。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

猪牙舟の関連情報