猪牙舟(読み)チョキブネ

  • ×猪▽牙舟

大辞林 第三版の解説

和船の一。江戸時代、市中の水路で大量に使われた一人あるいは二人漕ぎの屋根のない船で、舳みよしが長く船足が速い。吉原の遊び客の足として盛んに用いられた。関西ではちょろと呼ぶ。ちょけぶね。ちょき。山谷船。
瀬戸内を中心に関西方面で近距離の海運に使われた小型船の一船型。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android