新吉原(読み)しんよしわら

精選版 日本国語大辞典「新吉原」の解説

しん‐よしわら ‥よしはら【新吉原】

江戸時代、江戸浅草の北部(東京都台東区千束四丁目)にあった遊郭呼称明暦三年(一六五七)の大火後、日本橋葺屋町にあった吉原遊郭が移転してできた。周囲に鉄漿溝(おはぐろどぶ)と呼ばれる総堀をめぐらし、出入口は大門(おおもん)口だけの一方口とし、中央に仲の町と呼ばれる道路があり、郭内を二分した。江戸町一・二丁目、京町一・二丁目、角町の五丁町のほかに、揚屋町・伏見町・堺町などに区分された。北。北国北里江北。雁門(がんもん)。三焼野。
評判記・高屏風くだ物語(1660)下「明暦三年中に大きなる火のなんに一時のけふりと成しより此かた、そのとしの秋の比町を此所にうつされしにこそ新よし原なんいひける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の新吉原の言及

【浅草】より

…田原町,仲町,三軒町,諏訪町,駒形町など,1613年(慶長18)幕府から拝領した同寺領(500石)内の門前町の発展がとくに著しく,59年(万治2)町奉行支配に編入された。このかいわいは,明暦の大火(1657)で全焼した日本橋の遊郭吉原が日本堤下に移され,新吉原として再生するにおよんで,物見遊山や参詣を兼ねた人が一段と数を増し,しだいに江戸随一の繁華街となった。 三社権現(三社さま)の三社祭,鷲神社(お酉さま)の酉の市,浅草寺の四万六千日(ほおずき市),歳の市(羽子板市)などの開催日には群衆が山をなし,これらの祭りや行事は現在までひきつがれてにぎわいをみせている。…

【吉原】より

…これは江戸の市街の発展に伴い,かつての葭原が商業地帯に近接した繁華地となったための政策の見直しであり,翌57年の明暦大火による類焼は移転を決定的とし,業者らは浅草山谷(現,台東区千束4丁目)の地を選び,同年8月に移転を完了した。以後この地を〈新吉原〉と呼ぶのに対し,旧地を〈元吉原〉と称するようになった。新吉原への移転に反対した業者に対し,幕府は敷地の5割増,引越料1万両余の下付,夜業の許可,火消役などの町役免除を条件とした。…

※「新吉原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android