コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猫の目草 ネコノメソウ

デジタル大辞泉の解説

ねこのめ‐そう〔‐サウ〕【猫の目草】

ユキノシタ科の多年草。山中の湿地に生え、高さ5~20センチ。茎は地をはい、葉は広卵形。3、4月ごろ、苞(ほう)をもつ黄色い小花が集まってつく。二つに裂けた果実は、猫の目を思わせる。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねこのめそう【猫の目草】

ユキノシタ科の多年草。山野の水辺に多い。全体に軟らかく無毛。花茎は高さ約15センチメートルで、広卵形の葉を対生。四、五月、茎頂に黄緑色の小花を十数個つける。果実は袋果で、熟して裂開したのを猫の目に見たてこの名がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

猫の目草の関連キーワードユキノシタ科黄緑色水辺茎頂山野袋果花茎対生