猫の目草(読み)ネコノメソウ

デジタル大辞泉の解説

ねこのめ‐そう〔‐サウ〕【猫の目草】

ユキノシタ科の多年草。山中の湿地に生え、高さ5~20センチ。茎は地をはい、葉は広卵形。3、4月ごろ、苞(ほう)をもつ黄色い小花が集まってつく。二つに裂けた果実は、猫の目を思わせる。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねこのめそう【猫の目草】

ユキノシタ科の多年草。山野の水辺に多い。全体に軟らかく無毛。花茎は高さ約15センチメートルで、広卵形の葉を対生。四、五月、茎頂に黄緑色の小花を十数個つける。果実は袋果で、熟して裂開したのを猫の目に見たてこの名がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android