猿臂を伸ばす(読み)えんぴをのばす

精選版 日本国語大辞典「猿臂を伸ばす」の解説

えんぴ【猿臂】 を 伸(の)ばす

を長くのばす。
※読本・昔話稲妻表紙(1806)五「かなたはまた猿臂(ヱンピ)を伸(ノバ)して引とどむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「猿臂を伸ばす」の解説

猿臂えんぴば・す

物をつかもうと腕を長く伸ばす。
「—・し、弟の襟上をつかみながら」〈芥川偸盗

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android